vol.03 特集テーマ「航続距離延伸」

今日の自動車輸送業界の技術的進歩

自動車輸送業界は、自動車の出荷主が車両を都市から都市へとシームレスに輸送してきたため、人々に大変役立ってきました。また、技術的な進歩によって、自動車の輸送はますます効率的で環境に優しくなっています。しかし、最初に考案された時にはそうではありませんでした。業界は自動車が発明された時から現在に至るまで大きく変革されてきたのです。

今日、自動車輸送業は、車を都市間で輸送するための最も推奨される方法であり、それには正当な理由があります。新たな技術革新の到来によって、より多くの車がその所有者の元に迅速かつ都合に合わせて納車されています。自動車輸送業者はどのようなイノベーションを活用し、それによってこの業界はどのように改善されてきたのでしょうか。知っておくべきいくつかの技術革新をご紹介します。

クラウドテクノロジー

クラウドテクノロジーを利用することにより、車の出荷主が業務上の情報や顧客の詳細情報を送信および保存する方法が刷新されてきました。クラウドテクノロジーが考案される前は、業務を遂行するために必要なすべての情報を外部ハードウェアに保存していました。ただし、このハードウェアは設置費用が高額で、メンテナンスにも時間とコストがかかりました。このため、効率が限られ貨物を時間どおりに配送できませんでした。しかし、今ではクラウドのおかげで、自動車輸送業者はすべての情報をGoogle DriveやDropboxなどのリモートデータベースに保存できます。また、インターネットに接続された電子機器があれば、いつでも情報を取得できます。この進歩が、運用コストの削減、所要時間の短縮、顧客サービス、利益の最大化において極めて重要な役割を果たしてきました。

例えば、車の出荷主は、重いハードウェアや書類をあちらこちらに運ぶ代わりに、今ではスマートフォンから顧客情報にアクセスできます。その上、コンピューターが故障した場合でも、データが完全に失われることはありません。このことは、時間の節減、コストの削減、迅速化などの多くのメリットを車の出荷主にもたらします。さらに、効率性、生産性、パフォーマンス、セキュリティーが改善されます。加えて、クラウドテクノロジーによって、会社はトラックの移動を追跡および監視して、ドライバーによりすばやく確実に情報を送信できます。

トラック用軽量素材

自動車輸送業界のもう1つの技術的進歩は、トラック製造における軽量素材の使用です。これらの高度な素材は、最適な性能と安全性を確保しながら燃料を経済的に使用します。調査結果によると、車両の重量を10%軽減すると、燃料消費量を約6~8%改善できます。したがって、鋳鉄と鋼鉄で作られたトラックの構成部品を、ファイバーグラス、高強度鋼、カーボンファイバー、ポリマー複合材料、アルミニウム(Al)合金、マグネシウム(Mg)合金などの軽量素材に置き換えると、本体重量とシャーシは劇的に50%も削減されます。これによって、トラックの燃料使用量と追加のコストも削減されます。

軽量素材で作られたトラックやその他の車両を輸送することで高度な排ガス制御システムを運用できるため、これはサステナブルな代替案となります。また、それらは鋼鉄よりエネルギー吸収率が高いことがテストで実証されているので、衝突時にドライバーをより安全に守ることができます。軽量素材は取り扱いがより簡単で、車両やドライバーに影響なく衝撃を吸収できるため、道路事情の悪い地域で使用する場合は特に有効です。また、軽量素材はブレーキのリスクを軽減します。重い車両ほどブレーキを酷使するため、ブレーキが損傷しやすく事故を招く可能性が高いからです。

モノのインターネット(IoT)モノのインターネット(IoT)には、インターネット経由で他のシステムやデバイスとデータを交換するために、物理的なアイテムにセンサーやその他のテクノロジーを装備した高度なネットワークが必要です。この開発の例として、高速インターネット、スマートホーム、携帯型ヘルスモニターなど、日常生活のさまざまな面で見受けられます。自動車輸送業界が主導権を握り、その他多くの業界で広く活用されています。IoTは、自動車輸送業者が、最も効率的な経路を見つけて使用したり、燃料使用率を最大化して輸送時のストレスを軽減したりするのに役立ててきました。

IoTは、効率と利便性に加えて、ドライバーと車両を安全に保つために非常に重要な役割を果たす運転支援機能も改善します。例えば、IoT対応の通信回線を備えた自動車輸送トラックは、路上で予期する必要がある事象について瞬時に情報を得ることができます。この情報は、ドライバーが衝突を回避するために減速したり方向転換したりするタイミングを決定するのに役立ちます。また、シートベルトセンサーによって、疲労や飲酒の兆候についてドライバーの身体状態を調べることもできます。これらのセンサーは、ドライバーが既定のカテゴリーのいずれかに該当する場合、車を動作不能にします。IoTの活用方法には無限の可能性があり、運転体験を改善するために進化し続けています。

サステナブルな燃料源

ガソリンとディーゼルは、100年以上に渡って車両の主な燃料源であり、入手しやすいため購入するのも比較的簡単です。しかし、それらは再生不能な化石燃料から取得され、2060年までに枯渇すると推定されています。また、大量の炭素を排出し環境劣化の一因となっています。これらの理由から、ガソリンとディーゼルは信頼できないもの、比較的犠牲が大きいものとみなされ、イギリス政府は2040年までにそれらの使用を禁止することを余儀なくされました。このため、自動車メーカーはすぐに枯渇しない燃料源の組み込みに取り組んでいます。

環境に優しいサステナブルな燃料源としては、トウモロコシやサトウキビ由来のバイオエタノール、植物油や動物性脂肪由来のバイオディーゼルがあります。その他の選択肢には、熱電技術を用いた熱源、運動エネルギーおよび蒸気が含まれます。このほかに水素、空気、窒素、LPGなどの燃料源もメーカーが検討中です。化石燃料と異なり、これらの選択肢は、使用されるたびにそれらを再生する手段が講じられているかぎり、すぐに枯渇することはありません。また、炭素排出量も低いため、安全に使用でき、環境にも負担をかけません。

自律走行トラック

自動運転トラックは、まだ開発段階にありますが、自動車輸送業界やその他の輸送業界を席巻すると予測されています。これらのトラックは、人間のドライバーは不要で、自動運転車と同様です。どちらも同じ基礎テクノロジーを使用しており、カメラ、レーダー、LiDARなどのセンサーがコンピューターにデータを提供します。コンピューターは、相当量のシミュレーションとトレーニングを通じて導入されたスキルを使用して車両を制御します。

自律走行トラックの製造は、自動運転車の製造より比較的容易なため、それらは確実に自動車輸送の未来を担うでしょう。自律走行トラックは、固定の経路をたどり、常に幹線道路上を走行するため、一般道路上より操縦が簡単だからです。また、トラックは自動運転テクノロジーにより適したプラットフォームとなります。それらは大型で、コンピューターにより多くの動力を提供するとともに、センサーを地面から離して取り付け可能なため、センサーのより的確な視界を確保できるからです。

自動運転トラックは、既定の速度でレーン内のみを移動するようにプログラムされているため、事故率を低減します。調査結果によれば、2018年にはトラック関連の事故により5000人のアメリカ人が死亡しており、それらの事故の90%が人為的エラーに起因していました。自律走行トラックであれば、車の間をジグザグに走り抜けたり、アルコールの影響下で運転したりすることもなく、運転中のメールや気が散らされることもないため、このような脅威はなくなります。また、毎日運行できるため、ビジネスの生産性が高まり、利益が最大化します。さらに、混雑する時間帯に都市内を走行するのを避けるよう経路を綿密に計画できるため、これによって交通量も制限できます。

上記の開発は、自動者輸送業界がいかに急速に進化しているかを示す明確な例です。自動車輸送業界におけるテクノロジーの用途は無限大です。常に進化するテクノロジーと次々現れるイノベーションによって、車を輸送し、業界を推進するためのより破壊的な手段を経験できます。

 

この記事はTechBullionのAngela Scott-Briggsが執筆し、Industry Diveパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@industrydive.comにお願い致します。

この記事をシェアする

LinkedIn

PRODUCTS