NDIR方式CO2センサー

車載CO2センサー(開発中)

車載CO2センサー

車載CO2センサーは、車室内のCO2濃度を測定します。CO2センサーを用いて換気量の最適化を行う事で、車室内の空気質を快適なレベルに保ちながらHVACシステムの負荷を軽減します。HVACシステムの省エネ化を実現することで、電気自動車の航続距離を伸ばすことができます。

製品

  • センサー

パーツ

  • エレクトロニクス

マーケット

  • 全域

NDIR方式CO2センサー

車載CO2センサー(開発中)

製品に関するQ&A

お問い合わせ

Q本製品のユニークな点は何ですか?

A 用途に合わせた特別仕様の半導体と、市場トップを走るSenseairの長年の経験の組み合わせで生まれた製品であることです。

QLEDテクノロジーの利点は何ですか?

A センサーが振動の影響をほとんど受けず、超低消費電力でウォームアップ時間を必要としません。

Qセンサーは、キャリブレーションが必要ですか?

A いいえ、すべてのセンサーは工場にてキャリブレーション済みなのですぐに使用できます。

Q消費電力が少ないと何が良いのですか?

A 停車中もセンサーを働かせることが可能で、車内の子供やペットの存在検知が可能です。

Senseairの車載CO2センサーは、AKM独自の化合物半導体技術を用いた”高性能の赤外線受発光素子”とSenseairの“光路設計技術”により、従来のガスセンサーと比較して超低消費電力で高精度を実現しています。電気自動車(EV)の航続距離延長、車室内の空気質の改善、子供やペットの置き去り防止、運転者の眠気防止にご使用いただけます。

Senseairの車載CO2センサーは、AKM独自の化合物半導体技術を用いた”高性能の赤外線受発光素子”とSenseairの“光路設計技術”により、従来のガスセンサーと比較して超低消費電力で高精度を実現しています。電気自動車(EV)の航続距離延長、車室内の空気質の改善、子供やペットの置き去り防止、運転者の眠気防止にご使用いただけます。

特長01

赤外線LED搭載

赤外線LEDの搭載により、振動に対しても非常に堅牢な作りになっています。従来の電球のフィラメントは振動に対して非常に敏感で、出力変動原因となっていました。赤外線LEDを用いることで、自動車でも安定してCO2濃度を測定することが可能です。

特長02

超低消費電力

AKM独自の高性能の赤外線受発光素子を搭載することで、高精度を維持しながら、従来のCO2センサーより2桁以上低い消費電力を実現しています。平均消費電流は45µA以下です。

活用方法01

電気自動車(EV)の航続距離延長

従来の自動車の場合、HVACシステムの電力消費は総電力消費の9〜12%に相当します。電気自動車(EV)の場合、暖房にエンジンの余熱を利用できず、ヒーターなどを使用するため、この割合はさらに高くなります。CO2センサーを用いてスマートに換気をすることによりHVACシステムのエネルギー消費を削減し、結果的に航続距離を延ばすことができます。これは、車両の軽量化やバッテリー容量の拡大と比較し、航続距離を伸ばす上ではるかに費用対効果の高い方法です。

活用方法02

車内の空気品質

一般的にHVACシステムの効率を重視する場合、内気循環モードが使われます。これにより、車内空間をより速く冷却(加熱)することができます。しかし、その時に人の呼気に含まれるCO2は、車室内の汚染物質として見過ごされがちです。車内空間などの限られたスペースでは、CO2濃度は数分で危険なレベルに達します。車載CO2センサーは、車室内の最適な空気質を実現するソリューションです。

活用方法03

置き去り防止

米国だけでも、毎年約80人の子供が高温の車内に置き去りにされたことが原因で亡くなっています。車載CO2センサーは、車内の子供やペットの呼吸を検出し、適切な処置を施すことでこのような悲劇的な事故を減らすのに役立ちます。

活用方法04

ドライバーの眠気防止

CO2濃度が通常の環境レベルを超えて上昇すると、人は眠気を感じ注意力が散漫になります。走行中は、その影響が致命的となりうる事も多々あります。車載CO2センサーを使用することで、CO2レベルを管理し、危険な濃度に達した際にドライバーに換気を促すことができます。

車載CO2センサーは、バスなどの大型車両内のCO2レベル監視を通じて混雑度を管理することにより、SARS-COV-2などのウイルスの拡散減少に有効です。

https://senseair.com/

製品に関するQ&A

お問い合わせ

関連製品